2010年10月08日

上皮内ガン

ガン保険を調べていると、上皮内ガンという言葉がでてきますが、上皮内ガンとはいったいどんな病気なのでしょうか?

上皮内ガンとは、粘膜などの上層部分のガンで、粘膜の一番下を形成している基底膜は破壊されていないガンのことらしいです。だから、上皮内はいわゆる初期ガンのことですね。

そこで、この上皮内ガンになった場合、支払われるガン保険と支払われないガン保険があるのがやっかいなんです。 仮に、支払われても診断給付金が1/5程度に減額支払いになってしまうガン保険もあるのですから。

契約の時に、上皮内ガンが支払いの対象かどうかよく確認した方がよさそうですね。もう一度保険をチェック見直ししてみましょう。
posted by こーじ at 10:11 | 生命保険