2012年07月15日

生命保険の重要視される特約

◆生命保険の中でも重要視される特約
生命保険につけられる特約の中でも死亡保障を厚くすることができる特約があります。病気・事故などの治療に備える特約はどちらかと言えば医療保険の役割を担っているものが多いですがこのタイプの特約の場合では特定の条件に沿って死亡した場合に多くの保障を受けられるといったタイプのものです。

定期保険特約はその中でも代表的なものです。特定の期間に死亡したときにのみ死亡保険金が受け取れるというのが特徴です。ちなみに満期保険金はありませんのでご注意を。さらに保険料を一定のまま保って少しずつ受け取れる保険金額が少なくなる逓減定期保険特約や、ぎゃくに保険金額が増えていく逓増定期保険特約などと言ったタイプがあります。また、保険に加入している本人ではなくその家族が死亡したときに保険金が受け取れる家族定期保険特約というものもあります。

さらに特殊な特約として収入保障特約というものがあります。これは死亡した場合の保険金が年金のように分かれて受け取れる特約です。ただし受け取れる回数は制限があります。この制限は支払われた保険料や回数などで決まってきますが最低保証があるので安心できます。また、この最低保障も含め受け取れる回数というのは生命保険会社により違ってきますのであらかじめ確認しておきましょう。
posted by こーじ at 10:00 | 生命保険