2011年04月27日

死亡保険の種類

死亡保険の中でもいくつかの種類があります。
終身保険はある意味で機動性が悪くインフレへの適正などが悪いためにメリットを生かし切れない部分があります。ほかにもファンドで保険料の運用をする変額保険、保険料の一部が耳立てになり満期時に受け取れる養老保険などいくつか新しい保険のタイプが出てきました。
しかし、基本となるのはやはり定期保険でしょう。

定期保険は期間中に死亡した場合にのみ保険金が下りる仕組みです。保険料は年齢が上がるほど高くなりますが保険金額あたりの掛け金は少なくなります。気になるのはどんなに高い保険料だったとしても掛け捨てになってしまう点でしょうが、これは安心を買うものだと思って割り切るべきでしょう。
posted by こーじ at 09:00 | 生命保険